スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史と伝統を感じる長町武家屋敷跡

2009年6月11日(木)  雨  のち 曇り


香林坊から、兼六園側とは反対の方向に裏道を入っていくと
長町武家屋敷跡があります。

長町武家屋敷跡3


この界隈には、江戸時代の加賀藩士の中・下級武士の屋敷の跡が残っており
土塀や用水、石畳の残る町並みなど・・・
城下町らしい雰囲気を楽しむことができます。

屋敷なのは過去の話ではなく
現在も、各屋敷で金沢市民が普通に生活しています。
歴史と現代の暮らしが上手に共存している町。

金沢には、多くの用水が流れています。
長町武家屋敷界隈西側を流れているのは、大野庄用水。

大野庄用水

400年前に造られた金沢市で最も古い用水。
加賀百万石金沢城の築城に大きく貢献した用水。
江戸時代には、金沢城の防火や水利用、外堀として機能していたとか。

他に有名なのは、繁華街、香林坊を流れる鞍月用水。
兼六園~上辰巳を流れる辰巳用水。
兼六園の水は、辰巳用水のものなんですよ。

夕暮れ時の武家屋敷・・・。
観光客も引き上げていて、ひっそりとゆっくり時間が流れています。

長町武家屋敷跡2

大野庄用水に掛かる橋の一つ、長町二の橋。
この橋から香林坊方面に抜ける路が、一番の見所でしょうか。

長町武家屋敷跡

この路の途中にあるお店・・・
武家屋敷界隈にはお土産屋や飲食店が点在していますが
その中でもオススメが、ここ

九谷焼窯元 鏑木商舗

九谷焼窯元 鏑木商舗 です。
文政5年(1822)創業の九谷焼最初の商店。
2005年に武蔵が辻から、この長町に移転。
金沢九谷ミュウジアムとして、九谷焼を通じて金沢の伝統文化を発信しています。

ミュージアム内では、九谷焼の販売だけでなく
おいしいいっぷく鏑木にて加賀の郷土料理を味わうこともできます
江戸時代後期から明治期にかけてのコレクションも展示。
NPO金沢九谷倶楽部による絵付け教室も開催。

この店舗(ミュージアム?)自体の建物も素敵なんです
ミュージアムといっても、無料で出入りできますから
長町武家屋敷観光の際には、ぜひお立ち寄りを~。

麻布十番にも分店があり、楽天にもショップを出しているので
そちらも覗いてみてください
(鏑木商舗 楽天ショップはこちら


< 老舗おでん屋「高砂」 & 芝寿司 > へつづく


ブログランキングのクリックをお願いします↓

スポンサーサイト

theme : 北陸の旅
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

子りすさん

Author:子りすさん
夫にだけ「子りす」だと言い張る
専業主婦3年生。
東京都練馬区在住の32歳。
グルメ&旅行の情報量には
夫も脱帽。
テニスや編み物にもいそしむ。
仕事で多忙な夫の良き
サポーターとなるべく奮闘中!!

最新記事
カテゴリ
全ての記事

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
子りすのお気に入り♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
注意事項
1.このサイトはアフィリエイトに参加しています。商品は管理人が直接販売しているわけではありません。万が一損害を受けた場合、当サイトは一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

2.このブログ内の記事・写真等一切の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。

3.公序良俗に反する、本ブログの趣旨にそぐわない、あるいは、単なる広告宣伝が目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。