スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍井茶(ロンジン茶)に魅せられて

2009年5月15日(金) 晴れ 


今週は3日間にわたって
上海・杭州・蘇州への旅行を紹介させていただきました。

そこで書ききれなかったこぼれ話を今日は・・・

以前、NHKの衛星放送で、俳優の関口知宏さんが
中国を鉄道旅行する番組を放送していました。

そのとき、関口さんが杭州(たぶん)で
龍井茶をおいしそうに飲む姿が印象的で・・・

なので、今回の旅行が決まったとき
絶対本場で龍井茶飲むぞー
と、勝手に心に誓ったのです。

一日目、龍井茶(ロンジン茶)の本場・杭州観光にもかかわらす、
飲む機会に恵まれず、
バスの車窓から出荷最盛期の龍井茶の茶畑を見つめるのみ・・・


やっと飲むことができたのが、終日上海観光の3日目。
上海博物館の見学を終え、
まだ集合時間までだいぶ余裕あり。
発見した博物館内の茶館へGO!

茶館のメニュー

茶館のメニュー。
一番上が一日目バスで通った梅家烏でとれた龍井茶だ♪
最高級品なんですよ。
中国国内で最も人気があってポピュラーなお茶は、
この龍井茶だそうです。

二番目は碧螺春(ピールーチュン)。
龍井茶に並ぶ、中国で二番目に有名なお茶。

この二つにしよう

中国茶

上の茶器が碧螺春、下の方が龍井茶。
どちらも、35元(約560円)
どちらも緑茶なので一見見た感じは同じ。

でも飲んでみると・・・
龍井茶のほうが癖がなくまろやか。
碧螺春は今まで口にしたことのないような
独特の香味のようなものが感じられた。



緑茶はこのような蓋付きの茶器・蓋椀で飲むとおいしいとか。
椀にお湯をそそぎ蓋をして茶葉をひらかせ、
飲むときは蓋をずらして飲みます。

お湯はポットにたくさん入れて持って来てくれるので、
茶葉が出がらしになるまで堪能
満足じゃぁ

そして、午後からの豫園・豫園商城観光の際、
豫園にある中国茶博物館にて
ツアー客向け中国茶の試飲サービス

中国茶博物館

私より若いであろうかわいい女性が、
中国茶の作法を手ほどき・・・

鉄観音

これは鉄観音。
上質な茶葉だと、このように黄金色に!

プーアール茶の茶葉

プーアル茶の茶葉って元々はこんな塊のですね!?
今回、恥ずかしながら初めて知りました

プーアル茶と苦丁茶も試飲。

苦丁茶を飲むのは初めての体験☆
茶外茶の一種で一葉茶。
茶葉が一枚の葉できており、細長くよってあります。

すごい、にがっ
まるで漢方・・・と思ったら、
そのとおりで漢方がわりに健康茶として飲まれてるお茶。


中国茶はホントに奥深いですねー。
普通の人より詳しいと思っていたけど、
まだまだ勉強不足。
でも、おいしかったなぁ。
中国茶を楽しんでるときが、一番楽しかったかも~。


龍井茶の茶葉

中国茶博物館でお土産に茶葉を購入。
試飲したお茶ではなく、(笑)
西湖周辺でとれた龍井茶の新茶。
50gで110元が30%オフの80元(約1280円)
真空パックでなくちゃんと量り売りなので、
香りが最高にいい♪

龍井茶

帰国してからも、おうちでまったり・・・
龍井茶楽しんでますよ


< ツアーでの中華料理 > につづく


ブログランキングのクリックをお願いします↓


スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

子りすさん

Author:子りすさん
夫にだけ「子りす」だと言い張る
専業主婦3年生。
東京都練馬区在住の32歳。
グルメ&旅行の情報量には
夫も脱帽。
テニスや編み物にもいそしむ。
仕事で多忙な夫の良き
サポーターとなるべく奮闘中!!

最新記事
カテゴリ
全ての記事

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
子りすのお気に入り♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
注意事項
1.このサイトはアフィリエイトに参加しています。商品は管理人が直接販売しているわけではありません。万が一損害を受けた場合、当サイトは一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

2.このブログ内の記事・写真等一切の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。

3.公序良俗に反する、本ブログの趣旨にそぐわない、あるいは、単なる広告宣伝が目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。