スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この差はなに!? 豫園商城 & 新天地

2009年5月14日(木) 晴れ 


豫園周辺に広がる一大ショッピング&グルメスポット。
それが、豫園商城。
明清時代の建物を思わせるお店がひしめくレトロな下町通り。


上海豫園商城1

テンションあがってきた

と思ったのもつかの間・・・
中国人観光客でごった返して、
まともにまっすぐ歩けない状態。

ちょっと5秒ほど立ち止まろうものなら、
カタコトの日本語でものを売り込む、
怪しげな人々が話しかけてくる。
こわいー。ウザいー。

ひたすら、お姉ちゃんと腕を組んで歩き続ける。
地元・中国の女の人同士は友達同士・親子でよく腕を組んでいる。
私たちも腕を組んで、上海っ子に見せかける作戦。

すると、立ち止まると中国語で売り込んでくる。
立ち止まれない街
またもやカルチャーショック

その状態でも、これだけは買いたかった。
中国の切り絵。
しかもこの達人のお店指定で。

中国切り絵

親子二代わたる切り絵の達人。
横浜中華街の新世界にも商品をおろしているという。

お店自体は屋台風ですが、
日本のテレビ取材なども受けたことがあると
証拠写真まで見せてくれた(笑)

このお兄さんは、とてもフレンドリーで親切でした。
中国で出会った人の中で好印象No.1
日本語・英語もとても流暢。

ツアーの人は、こんな体験も・・・
・赤ちゃん抱いた女性から物乞いされて、つきまとわれる
・目の前でおばさんがいきなり転んだかと思うと、
 靴を弁償しろ!千円よこせ!といわれる(当たり屋!?)
・物売りの人があまりにしつこいので、仕方なく払うと、
 おつりを支払わずに商品のゴムのおもちゃを押し付けて逃げさった。

みなさん、豫園商城にいくときは気をつけてくだいね


次に訪れたのは、新天地。

新天地

2001年にオープンした観光スポット。
1920~30年代に建てられたモダンな雰囲気の 「石庫門住宅」 を修復し、
旧フランス租界の街並を再現しています。


新天地の路地

路地裏もこんなに素敵☆
おなじみスタバやベーカリーのPAULもあります。
おしゃれなレストランや雑貨店がいっぱい♪

ただし、お値段は日本並み。

この雰囲気、安心する~。
でも、中国にいる気がしない
やっぱり、私は温室育ちの日本人
さっきの豫園商城との違いにあんぐり

エネルギッシュにもほどがある豫園商城。
セレブすぎて中国の雰囲気ゼロの新天地。

両極端な上海観光を体験したのでした・・・

いよいよ明日、日本へ帰ります!


中国旅行のつづきは
< お世話になりました…上海虹口世紀大酒店 > へ


ブログランキングのクリックをお願いします↓


スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

子りすさん

Author:子りすさん
夫にだけ「子りす」だと言い張る
専業主婦3年生。
東京都練馬区在住の32歳。
グルメ&旅行の情報量には
夫も脱帽。
テニスや編み物にもいそしむ。
仕事で多忙な夫の良き
サポーターとなるべく奮闘中!!

最新記事
カテゴリ
全ての記事

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
子りすのお気に入り♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
注意事項
1.このサイトはアフィリエイトに参加しています。商品は管理人が直接販売しているわけではありません。万が一損害を受けた場合、当サイトは一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

2.このブログ内の記事・写真等一切の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。

3.公序良俗に反する、本ブログの趣旨にそぐわない、あるいは、単なる広告宣伝が目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。