スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の原風景・姥捨の棚田

2009年6月19日(金)  曇り


安曇野から穂高の町に出て、長野道の豊科ICを目指します。
途中、由緒ある穂高神社に立ち寄り、参拝&見学。

長野道の豊科ICから長野方面の姥捨SAまで、高速で飛ばします

姨捨SAからの眺め。

善光寺平

善光寺平です。千曲川の流れも見えます。

姨捨SAスマートIC出口から高速を降りて、
今夜の旅館がある戸倉上山田温泉までは、15分程。
途中で、こんな素晴らしい景色に出会うことができました

姥捨の棚田2

姥捨の棚田

姥捨(おばすて)の棚田。
千曲川を見下ろす斜面に、小さな田んぼが広がる美しい光景。
(写真技術が未熟で、棚田の魅力が半減してます。ゴメンなさい)
月夜には、それぞれの田毎に名月が浮かび上がることから
「田毎の月」として古くから知られる名月スポットでもあります
国で始めて文化財指定を受けたそうなんです。

この、姥捨の棚田は、ぜひ訪れてみたかった場所のひとつ。
何年か前に、俳優の関口知宏さんの
「列島縦断鉄道12,000km 最長片道切符の旅」 の番組内で、
関口知宏さんが姥捨駅に降り立ち、棚田の田植えを手伝っていたんです。
そのときの風景にとっても魅かれるものがあり、私もいつかは・・・と。

そこには、日本の原風景が広がっていました。
初めて訪れたのに、どこか懐かしいような郷愁を誘う風景。
旦那さまにも、見せてあげたいなぁ

棚田のすぐそばに線路がはしっています。
ちょうど、電車が来たのでパシャリ。

R東日本篠ノ井線

長野と松本を結ぶ単線、JR東日本篠ノ井線。
この電車に関口知宏さんは乗っていたわけねー。
私、NHKの旅番組を見て以来、関口知宏さんのファンなんです

棚田の間の道を歩く散策コースもいくつかあるみたい。
「田毎の月」も、ぜひ見てみたい!
今度、またゆっくり訪れたいなぁ

ちなみに・・・
姨捨という地名は、かつて貧村では70歳になる老人を山に捨てたという
伝説から来ているんです。昔話にも「姥捨て山」ってありますよね。

さぁ、今夜の宿までもう少し。
お姉ちゃん、運転ガンバレっ


< 温泉三昧の宿☆戸倉上山田温泉「亀屋本店」 > へつづく


ブログランキング参戦中!応援よろしくお願いします☆↓
スポンサーサイト

theme : 信州旅行
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

子りすさん

Author:子りすさん
夫にだけ「子りす」だと言い張る
専業主婦3年生。
東京都練馬区在住の32歳。
グルメ&旅行の情報量には
夫も脱帽。
テニスや編み物にもいそしむ。
仕事で多忙な夫の良き
サポーターとなるべく奮闘中!!

最新記事
カテゴリ
全ての記事

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
子りすのお気に入り♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
注意事項
1.このサイトはアフィリエイトに参加しています。商品は管理人が直接販売しているわけではありません。万が一損害を受けた場合、当サイトは一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

2.このブログ内の記事・写真等一切の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。

3.公序良俗に反する、本ブログの趣旨にそぐわない、あるいは、単なる広告宣伝が目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。