スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっておきの宿 ☆ 新平湯温泉「松宝苑」

2009年6月18日(木)  曇り


高山市内からおよそ1時間。
長野との県境に程近い、奥飛騨温泉郷へやってきました。
今日の宿は新平湯温泉「松宝苑」

新平湯温泉 松宝苑

私たち家族のとっておきの温泉旅館 
私が、前回来たのはおととしの7月。
残念ながら、扁桃炎の高熱にうなされ温泉にちゃんと入れなかったんです
そんなわけで、今回はリベンジだぁ (!?)

母屋は古民家を移築したもの。
離れてたつ客室棟や湯屋棟は飛騨の木を使い、飛騨の大工さんが建築したもの。
木のぬくもりを感じられる宿です。

また、3000坪という広大な敷地内に部屋数は15室のみ。
客室は廊下やお庭などから目につかないような建物の造りになっていて
食事時以外はあまり他のお客と顔を合わさないですむ
プライベート感を大切にしているお宿。

母屋のエントランスでそば茶と三嶋豆のココア味をいただきながら、チェックイン。
う~ん。おいしい
母屋は土間のつくり。
こういうの最近、珍しくなってきちゃったよなー。

新平湯温泉 松宝苑5

この地方では旧暦に端午の節句をお祝いするのかな?
立派な鯉のぼりがエントランスに飾ってありました

エントランス正面には、緑が広がっています。

新平湯温泉 松宝苑2

日本庭園のようにビシーっと手入れされたお庭でなく
いろいろな種類の山野草が咲いている、ナチュラルでかわいらしいお庭。
一見無造作に見えるお庭も、非常に手入れが大変なんです!
・・・と、後から旅館の社長さんがお話してくださいました。
野いちごも食べさせてくれました~

新平湯温泉 松宝苑3

母屋から本館客室へのアプローチ。
いい雰囲気でしょ??

客室に荷物を置き、さっそく大浴場へ



客室棟とは別に湯屋棟が建てられています。

新平湯温泉 松宝苑4

木曽五木を贅沢につかった内湯。
畳敷きの脱衣場と浴室との壁がなく、開放的な大浴場。
敷地内に源泉が3本あり、その日の状態を見てブレンドしているそうです。
(ナトリウム-炭酸水素塩1本+単純温泉2本)
やわらかないいお湯。さすが、源泉かけ流し
湯花もいっぱい浮いてる・・・かと思うと、塊が沈んでいたり。
まぶしい新緑と立派な湯屋建築を愛でながらの入浴タイム。
ずっと、つかっていたいなぁ

日が暮れて、お待ちかねの夕食です。
母屋の食事処でいただきます。

新平湯温泉 松宝苑6

囲炉裏端のテーブルを囲みます。

夕食は壱の膳から参の膳のほかに
囲炉裏にて飛騨牛と野菜の朴葉みそステーキ+蒸し物
そして、サービスとして山菜の天ぷらが出されました。

新平湯温泉 松宝苑7 新平湯温泉 松宝苑8 新平湯温泉 松宝苑9

新平湯温泉 松宝苑10 新平湯温泉 松宝苑12 新平湯温泉 松宝苑11

新平湯温泉 松宝苑13 新平湯温泉 松宝苑14

(各写真をクリックすると拡大します)

惜しみもなく、上質の飛騨牛が出されます。
朴葉みそステーキだけでなく、カルパッチョもおいしい
飛騨牛だけでなく、山菜・岩魚・野菜といった地の物もたくさんいただけます!
ここの旅館のお食事は、本当においしい
私の知っている旅館の中で、CPのよさも抜群!
それに、お食事のサービスの仕方&タイミングが満点

おいしいごはんを食べて、トトロと変身した私。
旦那さまがいたら、お腹叩きまくって遊ぶんだろうなぁ


さて、翌朝
朝から、温泉につかりながらぼーっとする・・・
なんて贅沢なひととき。

朝ごはんはこんな感じです。

新平湯温泉 松宝苑15

手作りの煮物に胡麻豆腐、名産の明宝ハムもあります。
飛騨の朝にかかせないのが、これっ

新平湯温泉 松宝苑16

朴葉みそ。
囲炉裏で香ばしく焼いた朴葉みそを、あつあつのごはんにのせて・・・
日本人でよかったと思う瞬間です(笑)

食後に、母屋の二階の喫茶室でおいしいコーヒーをいただきました

新平湯温泉 松宝苑17


新平湯温泉「松宝苑」は、絶対的な自信をもっておすすめしたい旅館。
温泉・食事・建物・サービス・・・すべてがパーフェクト
周りの自然は素晴らしく、高山や上高地などの観光にも便利な立地。

ただし・・・真冬になると雪深くて車で行けなくなるんです
スタッドレスなら大丈夫ですよ、と宿の方は言うけれど、
松本IC~奥飛騨までの道は、冬場は特に結構デンジャラスなので
私&彼も恐くて無理

このお宿は嬉しい事に通年同一料金。
休前日でもGW・お盆・お正月でも同じ料金。
私の泊まった本館だと13650円。
お正月に泊まりに行きたいけど、行けない・・・
これが唯一の欠点ですね(笑)


< いろんな意味で感動 ☆ 安曇野ぱん工房るんびに > へつづく


ブログランキングのクリックをお願いします↓
スポンサーサイト

theme : 奥飛騨温泉情報
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

子りすさん

Author:子りすさん
夫にだけ「子りす」だと言い張る
専業主婦3年生。
東京都練馬区在住の32歳。
グルメ&旅行の情報量には
夫も脱帽。
テニスや編み物にもいそしむ。
仕事で多忙な夫の良き
サポーターとなるべく奮闘中!!

最新記事
カテゴリ
全ての記事

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
子りすのお気に入り♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
注意事項
1.このサイトはアフィリエイトに参加しています。商品は管理人が直接販売しているわけではありません。万が一損害を受けた場合、当サイトは一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

2.このブログ内の記事・写真等一切の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。

3.公序良俗に反する、本ブログの趣旨にそぐわない、あるいは、単なる広告宣伝が目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。