スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能舞台のある宿 深谷温泉 「元湯 石屋」

2009年6月15日(月)  曇り のち 雨


金沢・飛騨・信州旅行3日目のお宿は 深谷温泉 「元湯 石屋」 です
金沢の奥座敷にある、美しい自然に囲まれたお宿

深谷温泉 「元湯 石屋」

1800年代より続く、老舗温泉旅館
能舞台のある宿として、度々マスコミにも登場します。

深谷温泉 「元湯 石屋」2

90年のたたずまいの野外能舞台。
加賀藩前田家は歴代の藩主が能の発展に力を注いできた結果、
金沢では、今でもなお市民の間で能を楽しむ風習があります。
ママも能?地謡?を習っていました。

加賀宝生流を愛した「石屋」六代目二左衛門が
この本格的な能舞台を作ったそうです。
薪能の夕べをおこなったり、結婚式をおこなったり・・・
いまも現役の能舞台です。

深谷温泉 「元湯 石屋」4

能舞台は、本館2階にある広さ100畳の大広間から眺めることができます。
この赤い壁は、加賀藩独特の壁の色。
深くて、きれいな色。

深谷温泉 「元湯 石屋」3

こちらは、宿泊した新館の客室。
落ち着きます・・・

アメニティの小物にこんな珍しいものが。

深谷温泉 「元湯 石屋」5

滋分パック(フェイスマスクを源泉につけてパック)のセット
この旅館の温泉は、美肌にとても効くらしいのです
そこで、フェイスマスクに自分で大浴場で採取した源泉をひたして
パックするという画期的な方法
これは、やるしかないです

深谷温泉 「元湯 石屋」6

さっそく、大浴場に。
ここからも、山の緑を眺めることができます。

深谷温泉 「元湯 石屋」7

まるで、コーヒーのような濃い茶色の温泉
すごくなめらかで、トロリとした感触。
でも、上がるとさらっとしていて、お肌はしっとりツルツル
これは、絶対、美肌に効果あり

泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩泉(含重曹硫黄泉) 。
pH 8.5の弱アルカリ性。
冷鉱泉なので、加温のみしています。
体がよく温まる温泉です

この日の夜、滋分パックを試してみました
翌日、肌がいつもよりだいぶしっとりして、柔らかくなってる~
そこで、朝もケースに源泉を詰めて、翌日の夜も滋分パック。
元湯石屋に行ったら、絶対滋分パックはハズせませんよ

温泉につかり、旅の疲れを癒したところで、夕食です。

深谷温泉 「元湯 石屋」8 深谷温泉 「元湯 石屋」9 深谷温泉 「元湯 石屋」10 深谷温泉 「元湯 石屋」11 深谷温泉 「元湯 石屋」12 深谷温泉 「元湯 石屋」13

旅行会社の通常よりも安めの企画で宿泊したので
通常なら、もっと品数が多いと思います。

でも、おいしいごはんでしたよ
金沢の味付けなので、私たちには丁度いい塩梅。
特に、左上の写真の3品が◎でした
郷土料理の代表格「鴨の治部煮」(右上の写真)もいただけたのが
これまた嬉しかった

ごはんの時に、ひかれていた紙がかわいかったので、パチリ

深谷温泉 「元湯 石屋」14

この日は、11時前にはみんな就寝・・・
本当の温泉につかると、なんだかすごく眠くなるんですよね。


翌朝、6時に起床し、朝風呂へ
さらに、肌がもっちり。
毎日この温泉につかってたら、間違いなく憧れの赤ちゃん肌になれるなぁ

深谷温泉 「元湯 石屋」15

朝ごはんもおいしくいただきました 
車麩の煮物やにしんと山菜の炊き物、ぜんまいのくるみ和え、
懐かしい「たくあんの煮たの」といった
手のこんだ品もあり、大大大満足の朝食でした。

飛騨路へ向かうべく、出発しようとしたところ・・・
野生のりすに出会いました!!
(あまりにも突然だったので、残念ながら写真はとれませんでしたー)
野生のりすを見たのは、生まれて初めて。
かわいかったなぁ。
・・・って私も、旦那の前だけ一応「子りす」だった

さて、金沢とは本当に今日でお別れ
東海北陸道で飛騨高山へと向かいます


< 飛騨高山名物「高山ラーメン」をはしご > へつづく


ブログランキングのクリックをお願いします↓
スポンサーサイト

theme : 北陸の旅
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

子りすさん

Author:子りすさん
夫にだけ「子りす」だと言い張る
専業主婦3年生。
東京都練馬区在住の32歳。
グルメ&旅行の情報量には
夫も脱帽。
テニスや編み物にもいそしむ。
仕事で多忙な夫の良き
サポーターとなるべく奮闘中!!

最新記事
カテゴリ
全ての記事

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
子りすのお気に入り♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
注意事項
1.このサイトはアフィリエイトに参加しています。商品は管理人が直接販売しているわけではありません。万が一損害を受けた場合、当サイトは一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

2.このブログ内の記事・写真等一切の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。

3.公序良俗に反する、本ブログの趣旨にそぐわない、あるいは、単なる広告宣伝が目的と思われるコメントやトラックバックは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。